EDと聞いたら、やはり男性のイメージが強いと思いますが女性版EDというのもあります。男だから、女だからという理由でならないものではないのです。きちん男性EDと女性EDというものを知って、互いにパートナーを大切にしましょう。

2016年10月の記事一覧

EDの治療法として効果的な医薬品は粉砕しても飲める

日本国内おいて海外製のED治療薬が公に認められてから、随分と時間が経ちました。
しかし、日本人ユーザーの間での認知度はそれ程高くありません。
「日本の薬事法は海外製の治療薬を認めていない。」や「承認までには長時間掛かる」といった専門家の意見が今でも世間に浸透しているため、魅力的なED治療薬が実際は手に入られるにも関わらず、その入手方法を知らない男性陣も多いかもしれません。

EDの治療法にお薬は高い安定感と信頼感を持っています。
経済的な負担も少なく、錠剤を飲むだけの治療法ですので、コンプレックスを抱える男性に対する肉体的な負担もありません。
もちろん、普通の内服薬と同じように、服用によって苦痛が心身に現れる事はなく、お薬を専用のクリニックかネット上の個人輸入代行サイトから手に入れておけば、いつでも充実した男性機能で、恋人や奥さんとセックスが可能です。

ED治療薬は基本的に一夜に1錠までと決められています。
それ以上の量を飲みますと、危険な体調不良に陥る懸念が出てくるためです。
頭痛や吐き気、激しい胃痛や筋肉痛、体のほてりなどが、飲み過ぎによって現れますので、連続的な利用は厳禁です。

ただ、日本人の肉体を考慮した場合、更にお薬を粉砕した方が安心かもしれません。
なぜなら、海外製の各医薬品は大柄な海外の男性を目安に設計・製造されているため、
日本人の肉体を鑑みると、その1錠でさえ多すぎる恐れがあります。
そのため、日本人が実際にED治療薬を初めて飲む際は、錠剤をおよそ半分位に粉砕し、様子を見るのがベストです。

半分の量でもED治療薬の薬効が正しく現れるケースは多く、平均的な身長と体格を持つ男性は、むしろ毎回粉砕し、2分の1を基準に服用した方が、経済的かつ安全になります。

続きを読む